相続放棄と遺産分割協議について

遺産分割でも相続放棄に似た行為はできますが、借金については効力が及びませんので注意が必要です。

相続放棄は、自己のために相続が開始したことを知ったときから
3ヶ月以内に、家庭裁判所に申立てを行わなければなりません。
“相続放棄と遺産分割協議について” の詳細は »

相続の現実にあわてず対応しよう

相続法は親族法と合いなって昭和22年に新しい憲法の精神にもとづいて 全明改正されたのです。

相続は意志や契約と異なり、物理的なもの=人の死を言う事実を経て
色々な法律と関わる性質のものです。すなわち避けては通れない
人間だれでも一度は出会うものなのです。
“相続の現実にあわてず対応しよう” の詳細は »

遺言書が書かれていたかどうかを確認しましょう

公証役場での遺言の調査には、亡くなった人の死亡したこと、相続人との関係が分かる戸籍謄本が必要です

亡くなった方が遺言をしていた場合、原則としてその遺言に従って財産を処分することになります。
したがって、相続人は遺言の有無を調査する必要があります。


“遺言書が書かれていたかどうかを確認しましょう” の詳細は »

半年振りに両親の顔を見に帰省してきました

すぐに両親に会える人はうらやましいです。でも、遠く離れたところに帰る場所があるってなかなかいいものですね。

先日、連休がとれたので帰省をしてきました。
最終飛行機に飛び乗り、2泊3日のあわただしいスケジュールです。


“半年振りに両親の顔を見に帰省してきました” の詳細は »

保険金を受け取るにはどうすればいいか

死亡保険金は受取人固有の財産ですので受取人死亡の場合はその法定相続人が受け取ることになります。

被保険者に兄弟以上の家族がいない場合は、
被保険者の生活を支えていた人が受取人になるという中身です。


“保険金を受け取るにはどうすればいいか” の詳細は »

相続財産とはどういうものがあるかご存知ですか

亡くなった方が残した財産にどのようなものがあるか確認してみましょう

「相続財産」と聞いて一般的に思い浮かぶのは、
現金や預貯金、不動産(家・マンションなどの建物や土地)だと思います。


“相続財産とはどういうものがあるかご存知ですか” の詳細は »

« 過去の記事