アーカイブ: 2011年2月

大事なのは相続における遺言の民法にある定義

相続の民法による遺言の特別な方式があります。これらをみていきましょう。

民法による遺言の特別な方式は以下の通りです。

(死亡の危急に迫った者の遺言)第976条
疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が
遺言をしようとするときは、証人3人以上の立会いをもって、
その1人に遺言の趣旨を口授して、これをすることができる。
“大事なのは相続における遺言の民法にある定義” の詳細は »

法律的にこの遺言なら認められるという形式

相続の遺言はただ書けばよいというものではなく、きちんとした形式があるんですよ。

遺言はただ書けばよいというものではなく、きちんとした
形式があります。それにしたがって作成されていなければ
遺言として認められません。
検認が必要なのは「公正証書遺言」以外のすべての遺言で
公証人役場で作成された公正証書遺言については
検認の必要はありません。
以下が遺言の種類の形式です。
“法律的にこの遺言なら認められるという形式” の詳細は »

相続で遺言がある場合の手続き

相続の遺言を見つけたら勝手に開封したり、家庭裁判所へすみやかに提出したりしなくてはいけません。

遺言と法定相続はどちらが優先されるのでしょうか?
答えは遺言が優先されます。

遺言を見つけたら勝手に開封したりしてはいけません。
家庭裁判所へすみやかに提出しなくてはいけません。
そして検認の申し立てを行います。
“相続で遺言がある場合の手続き” の詳細は »

言葉が独り歩きすると危険な相続のときの寄与分

寄与分の算出方法は 相続財産総額-寄与分となって、これを法定の割合で分ける。

相続人には相続分のほかに寄与分というものがあります。
被相続人の財産意地または増加に特別な貢献として
プラスされる寄与のことです。

寄与として認められるのは
財産の形成などに特別に貢献した場合のみ認められます。
“言葉が独り歩きすると危険な相続のときの寄与分” の詳細は »

相続のときに遺言の持つ効果とはなんぞや

相続の遺言とは人が自分の死後のために残す意思表示のことですよ。 遺言の有効性についてみていきましょう。

遺言とは人が自分の死後のために残す意思表示です。

万が一に備えて自分の意思を明らかにしておくことで
家族間のトラブルを抑えることができます。
遺言には意思能力(遺言能力)が必要です。

遺言の有効性についてみていきましょう。
“相続のときに遺言の持つ効果とはなんぞや” の詳細は »