放棄するということ

相続放棄と遺産分割協議について

遺産分割でも相続放棄に似た行為はできますが、借金については効力が及びませんので注意が必要です。

相続放棄は、自己のために相続が開始したことを知ったときから
3ヶ月以内に、家庭裁判所に申立てを行わなければなりません。
“相続放棄と遺産分割協議について” の詳細は »

相続の放棄についてお話しいたします

相続放棄の期限は3ヶ月、と覚えておくといいですね。期限を過ぎると原則手続きを認められなくなります。

相続放棄は、家庭裁判所の許可が必要です。
相続を放棄するためには、相続の開始(被相続人が亡くなったとき)か、
自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に


“相続の放棄についてお話しいたします” の詳細は »

財産把握の資料を収集しましょう

多額の借り入れ、タンス預金など、知られざる財産はありませんか?

お葬式などが終わり、一息ついたら、亡くなった方が遺した財産が

どのくらいあるのかを確認しましょう。

なぜならば、遺産の分割協議を始める必要があるからです。

どれだけ財産があるのかを把握することが、スタートなのです。

預貯金、土地、保険金、株、タンス預金にへそくりなど・・・

すみずみまで調べてくださいね。
“財産把握の資料を収集しましょう” の詳細は »

相続放棄と財産を受け継がないことの違い

相続人なのに、相続人ではなくなる手続きがあります。家庭裁判所と通す手続きをとって実現します

「遺産分割協議」では、必ず財産を相続しなければいけないわけではありません。
相続人の中で、まったく財産を相続しない人がいても、それがルールに従った「遺産分割協議」の
結果であれば、法律上何の問題もないのです。
“相続放棄と財産を受け継がないことの違い” の詳細は »

こうやって相続トラブルを回避する

相続放棄をした後の相続トラブルとしては被相続人が残した借金の債権者から請求書が来る場合があります。

その1
積極的に財産管理に努めること。例えば、
□ 実印、銀行印、通帳は別々の財産の承継人が管理する
□ 成年後見制度を利用し相続人が後見人、後見監督人になる
□ 同居相続人に報告を義務づける
□ 遠方であれば財産管理サービスを利用する
“こうやって相続トラブルを回避する” の詳細は »