相続放棄と遺産分割協議について

相続放棄は、自己のために相続が開始したことを知ったときから
3ヶ月以内に、家庭裁判所に申立てを行わなければなりません。

必ず家庭裁判所に申立てする必要があり、他の相続人に伝えたり
遺産分割では、相続放棄はできません。

特に、遺産分割で何も取得しないと約束をしたことで
相続放棄をしたつもりになっている方もいますが、要注意です。

この場合、積極財産(プラスの財産)は相続しないですが
消極財産(借金等)は相続している状態です。

つまり、財産は何ら取得できないだけでなく、
借金は負ってしまっている状態になるわけです。

これは法律上、借金の遺産分割が認められていないことに
原因があります。

相続が発生すると、相続人全員で遺産分割を行いますが
負債については、相続人全員でも遺産分割できません。

例え、相続人全員で借金は長男が支払うと決めても
債権者から督促が来ると、拒むことはできません。

借金がなければ何も問題はないですが、
隠れた借金があった場合は大変です。

こういう事態にならないためにも、財産を取得しない場合は
念のためにでも家庭裁判所での相続放棄を行うほうが
安心できる場合があるのです。

«