民法の視点から書いてみる

相続の現実にあわてず対応しよう

相続法は親族法と合いなって昭和22年に新しい憲法の精神にもとづいて 全明改正されたのです。

相続は意志や契約と異なり、物理的なもの=人の死を言う事実を経て
色々な法律と関わる性質のものです。すなわち避けては通れない
人間だれでも一度は出会うものなのです。
“相続の現実にあわてず対応しよう” の詳細は »

遺言書の書類についての深いところです

民法には遺言を作る方法がたくさん定められています

遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成
することが大前提となってきます。

口頭で述べた遺言は無効ですが、口頭で述べて成立する
場合の遺言も存在しています。

“遺言書の書類についての深いところです” の詳細は »