生命保険の解約手続き方法について

お亡くなりになった人が生命保険に加入していたら、証書を確認し、速やかに手続きをしてください

生命保険金の請求手続きについては、保険契約において受取人として指定されている人が、
保険会社に問い合わせをすることで、特別な苦労なく手続きができます。

“生命保険の解約手続き方法について” の詳細は »

株の相続手続きの方法をご説明します

株の手続について、スムーズに進むよう、詳しくご説明をさせていただきます

株を相続すると、預金の相続よりか少し手続が面倒になります。
預金の場合には、解約手続をすると払戻しの手続が行われるのですが、
株については、一旦相続人に名義変更の手続が必要となります。
“株の相続手続きの方法をご説明します” の詳細は »

相続の放棄についてお話しいたします

相続放棄の期限は3ヶ月、と覚えておくといいですね。期限を過ぎると原則手続きを認められなくなります。

相続放棄は、家庭裁判所の許可が必要です。
相続を放棄するためには、相続の開始(被相続人が亡くなったとき)か、
自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に


“相続の放棄についてお話しいたします” の詳細は »

父が亡くなったら経営していた会社はどうなるのか

亡くなった人が会社を経営していると、相続するものと相続しないものがありますので注意ください

会社自体は、相続の対象とはなりません。
株式会社であれば株式が、有限会社であれば出資持分が相続の対象となります。


“父が亡くなったら経営していた会社はどうなるのか” の詳細は »

遺言書の書類についての深いところです

民法には遺言を作る方法がたくさん定められています

遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成
することが大前提となってきます。

口頭で述べた遺言は無効ですが、口頭で述べて成立する
場合の遺言も存在しています。

“遺言書の書類についての深いところです” の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »