亡くなった人が銀行預金を持っていた場合にすること

ご名義人が亡くなった場合は、相続手続が必要です。
一般的に必要な書類は以下の通りです。

遺産分割協議書での手続きをする場合について、

○銀行指定の相続手続書類

○遺産分割協議書(法定相続人全員の署名・捺印があり記載内容が完備したもの)

○被相続人さま(亡くなったなられた方)の戸籍謄本(または全部事項証明書)
(出生から死亡までの連続したもの)

○相続人さま全員の印鑑登録証明書
 (発行してからの期限については銀行によって違いますのでご注意ください)

○ご相続の対象となる預金取引の通帳・証書、貸金庫取引の鍵・利用カード等
(紛失されている場合は、銀行によって手続きが違いますのでご注意ください)

見たこともないような書類だったり、言葉だったりを
相続手続きを行う上で目の当たりにすることもあるでしょう。
少し面倒になる気持ちもあると思いますが、思ったより簡単にできてしまうものもあります。
思い立ったときに、手続きは進めていきましょう。

«
»