相続財産とはどういうものがあるかご存知ですか

「相続財産」と聞いて一般的に思い浮かぶのは、
現金や預貯金、不動産(家・マンションなどの建物や土地)だと思います。

これらのほかに、自動車、株券、国債などの有価証券、ゴルフ会員権、貴金属、骨董品なども相続財産に含まれます。

このように、亡くなった方が所持していた価値がありそうなものはほぼ相続財産となりますが、
生前に購入した墓地や墓石、仏壇などは相続財産に含まれません。
ただし、財産的価値が高いもの(例えば金で作られた仏具など)は相続財産の対象となる可能性もあるようです。

また、借地権、著作権、特許権などの「権利」も相続財産となります。

亡くなる前に銀行預金から引き出したお金は、預貯金が現金に変わっただけのことなので、
現金として相続財産になります。
ちょっとした勘違いで、預貯金を現金化しておけば相続税申告をしなくてもよいと思い、
申告漏れが起こってしまうと財産隠しとみなされてしまうので、注意してくださいね。

«
»