遺言書が書かれていたかどうかを確認しましょう

亡くなった方が遺言をしていた場合、原則としてその遺言に従って財産を処分することになります。
したがって、相続人は遺言の有無を調査する必要があります。

まずは、亡くなった方の自宅や銀行の貸金庫などをよく調べてみましょう。
次に、公正証書で遺言をしている場合がありますので、公証役場で遺言の有無を調査します。
平成元年以後に作成された公正証書遺言については、全国の公証役場が加入する
日本公証人連合会で「作成年月日、遺言者の氏名・生年月日、作成した公証役場と
公証人の氏名」の情報がコンピュータで管理されています。この情報は全国のどこの
公証役場でも調べることができますので、最寄の公証役場で遺言の有無を確認しましょう。

公証役場での遺言の調査に必要なものは、「亡くなった人の死亡したこと」、
「相続人との関係が分かる」戸籍謄本です。
公証役場で遺言があることが分かった場合は、その遺言が作成された公証役場と
生年月日を教えてもらえます。

«
»