文書

法律的にこの遺言なら認められるという形式

相続の遺言はただ書けばよいというものではなく、きちんとした形式があるんですよ。

遺言はただ書けばよいというものではなく、きちんとした
形式があります。それにしたがって作成されていなければ
遺言として認められません。
検認が必要なのは「公正証書遺言」以外のすべての遺言で
公証人役場で作成された公正証書遺言については
検認の必要はありません。
以下が遺言の種類の形式です。
“法律的にこの遺言なら認められるという形式” の詳細は »