財産目録

代襲相続の手続きについて

代襲相続とは、本来の相続人が被相続人より先に亡くなっていた場合、その相続人の子どもが相続人になることをいいます

相続の開始以前に被相続人の子あるいは被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格、廃除によって相続権を失った場合、その者の子が代わって相続することを代襲相続といいます。
“代襲相続の手続きについて” の詳細は »