家族へのメッセージ

相続の遺言作成についてできること

相続で遺言は、新しい遺言が優先されます。遺言を取り消す場合は、新しい遺言を書けば古い遺言を取り消すことができるのです。

遺言を書けるのは、15歳からです。

生前でも遺言でもできる行為
①相続人の廃除、廃除の取消し
②認知
婚姻関係以外によって生まれた子を自分の子であると認めることです。
“相続の遺言作成についてできること” の詳細は »

大事なのは相続における遺言の民法にある定義

相続の民法による遺言の特別な方式があります。これらをみていきましょう。

民法による遺言の特別な方式は以下の通りです。

(死亡の危急に迫った者の遺言)第976条
疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が
遺言をしようとするときは、証人3人以上の立会いをもって、
その1人に遺言の趣旨を口授して、これをすることができる。
“大事なのは相続における遺言の民法にある定義” の詳細は »

相続のときに遺言の持つ効果とはなんぞや

相続の遺言とは人が自分の死後のために残す意思表示のことですよ。 遺言の有効性についてみていきましょう。

遺言とは人が自分の死後のために残す意思表示です。

万が一に備えて自分の意思を明らかにしておくことで
家族間のトラブルを抑えることができます。
遺言には意思能力(遺言能力)が必要です。

遺言の有効性についてみていきましょう。
“相続のときに遺言の持つ効果とはなんぞや” の詳細は »