状況の把握

財産把握の資料を収集しましょう

多額の借り入れ、タンス預金など、知られざる財産はありませんか?

お葬式などが終わり、一息ついたら、亡くなった方が遺した財産が

どのくらいあるのかを確認しましょう。

なぜならば、遺産の分割協議を始める必要があるからです。

どれだけ財産があるのかを把握することが、スタートなのです。

預貯金、土地、保険金、株、タンス預金にへそくりなど・・・

すみずみまで調べてくださいね。
“財産把握の資料を収集しましょう” の詳細は »